抹茶飲んでからマラカス鳴らす

見た映画、読んだ本、見たアニメ。そんな話を中心に。。。

DCEUに頑張って追いついてみた(バットマン予習篇)

 どうも、抹茶マラカス (@tea_rwB)です。

 ついに「アクアマン」が公開されましたが、そこに合わせてDCEUにも追いつこうという試み。マーベルと比べれば楽勝のはず。

 まずは中心人物バットマン映画から。よく考えたらこの試みを始める前は、「レゴバットマン」と「ニンジャバットマン」しか見てない狂気の状態。これではいけません。

 

バットマン

バットマン (字幕版)

WATCHA3.5点

Filmarks3.6点

 やっぱジョーカーってどうかしてる(誉め言葉)と感じる1作。バットマン自身が格闘が凄いとか、ジョーカーが拳法の達人で、とかじゃないので不意打ち・金で解決したガジェットのバットマンと騙し・発想のジョーカーって感じの対決。パレードで金と同時に毒ガスばら撒くとか発想がもうエグい。まあ金貰えるからって化粧品等に毒仕込んで何人も殺してる奴のもとに集まってくる愚民だからしゃーないかもしれんが。 

バットマン リターンズ

バットマン リターンズ (字幕版)

WATCHA3.5点

Filmarks3.4点

 最後までバットマンの話なのかペンギンの話なのか分からず。ペンギンに関する一切の荒唐無稽な設定は無視するとして、本当のヴィランと言えるのか凄く迷う良いキャラだったと思う。バットマンのある種、鏡像的なキャラクターというか。

 反面、キャットウーマンは凄くエロくて良かったけど、説明も一切ないので彼女の行動原理その他が一切わからず困惑してしまった。自分を殺そうとした雇い主への復讐は理解できるんだけどそれまでにバットマンを妨害し、ペンギンと手を組む理由は一切わからなかった。

 それ以外にも、脚本的な穴は大量にあるし、なんでお前それ知ってんねん、と言いたくなるところが多く、特に後半バットマンの影が薄くなっていくことこの上ないのはバットマンリターンズというタイトルの割にはどうなのだろう。あ、もしかして出番少ないから帰ってきて!的な意味のタイトルなの?

バットマン フォーエヴァー

バットマン フォーエヴァー (字幕版)

WATCHA4.0点

Filmarks3.9点

 ティム・バートン版3部作の中で一番好きだと思ったら、俳優代わってるし、監督代わってるし、そもそも4部作だった。

 リドリーとトゥーフェイスの2人のヴィランは割とはっきりとした動機の見える悪役だし、目的もはっきりしているので見ていてイライラしない。その上で、過去のブルースと同じ境遇のロビンを登場させることでブルース・ウェインバットマン自体のアイデンティティに関しても自己言及する作りは良かったと思う。

 何もなしえていない状態で、ピンチだからとパートナーとロビンが呼ばれることや、トゥーフェイスバットマンを倒したいが、ロビンの仇敵であり、リドリーはブルース・ウェインを見返したい、という微妙な捻じれによって目的ははっきりしているのに手段や対戦相手が少しズレているところがあったのが勿体ない。特にロビン周りはパートナー呼びされて付いてったら只のピーチ姫状態では話にならない。バットマンの絶体絶命を救って、ラストでパートナーと呼ばれれば1億点では。

バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲! (字幕版)

WATCHA3.0点

Filmarks2.9点

 何と言っていいのか鍋に材料をぶち込みすぎ。ポイズンアイビーによるバットマンとロビンの不和、アルフレッドの病、シュワちゃんのフリーズ、バッドガール。そりゃ渋滞する。特に若者2人は最終的になんかオッケーになってるが暴走が酷い。ついでに言えば、悪役の皆さんは仕込むまではいい感じなのに戦闘が映えず、やられ方もなんかがっかりする。

 ジョージ・クルーニーバットマンを演じているは悪くないんだが、オーシャンズのせいなのか、彼の気質なのか、信頼のくだりとかいちいち胡散臭かったのは笑えた。

バットマンビギンズ

バットマン ビギンズ (字幕版)

WATCHA3.5点

Filmarks3.6点

 うーん、そんなにはまらなかった。

 バットマンになるまで、を描いているがそもそもバットマンビジランティズムがやっぱり肌に合わないのだろうか。対象を守るかどうかの線引きもブルース次第な訳で、それって悪役と変わらんと思ってしまう。せめてちゃんと敵を裁判にかける流れが欲しかった。

 あとやっぱりメカにワクワクしなかった。アイアンマンと比較するとスーツが出来上がっていく過程でワクワクしなかったのは致命的。

 ヒーロー映画なのに戦うシーンでは何をしてるのかイマイチ分からないカメラワークなのも気になるところ。

 あと、モノレールではなくて、あの機械を壊せばいいのでは、と思う。

ダークナイト

ダークナイト (吹替版)

WATCHA4.5点

Filmarks4.3点

 ヒース・レジャーの演じたジョーカーの凄まじさ、マッドネスには衝撃と言うしかないし、傑作と評されるのも大納得。ヒーローが先か、ヴィランが先か。

 凄いのは承知の上で気になるのが、ジョーカーの神通力のような未来視がバンバン冴え渡る中でごまかされてる気がするトゥーフェイス。アイツなんで居場所簡単に割ってるわけ?

 あとは市民より囚人を優先して運ぶ理由がよく分からなかった。そのせいで見せ場の為に話が進んだだけな印象が。

 そしてバットマンよ、ゴッサムの平和の為、ジョーカーを倒す為なら殺人さえしなければいいのか。んで、1度留置場から脱出されてるのだから、アレで万事解決とはならないのでは…?

ダークナイト ライジン

ダークナイト ライジング (字幕版)

WATCHA3.0点

Filmarks3.0点

 Mrフリーズ級のダメ映画。

 ダークナイトで色々おじゃんにしてる所為で説明が長すぎる。ただでさえそれなのにもっかい落ちて奈落から上がるからこれまた長い。

 「ダークナイト」ではジョーカーの狂気で誤魔化せていたが、やはりノーランは格闘や空戦を撮るのが極めて下手。今回は肉体派ヴィランなのでかなり悪い方に出てる。

 脚本もひどい。

 まず序盤でゴードンが襲われるが、前回にゴードンで死んでませんでした!!をやっているので全くハラハラしない。

 もっと言えば、デント法ってなんなんだよ。目の前の強盗は逃すけどバットマンを追う警察になるような法律で犯罪無くならねぇよ。ふわっとしすぎ。そして、突然街に現れた爆弾魔が証拠もない手紙読み上げただけでデントは虚像だったんだ!!と信じるほど、ゴッサム市民は愚かなの?ダークナイトでは信じて描いたのに?キャットウーマンの求めてた個人情報抹消ソフトもあやふやなうちにブルースが何故か持ってるし。

 ベインの倒され方もあまりにもだし、ラスボスはベイン使ってこんな騒ぎ起こす必要が全くない。さっさと爆発させればいいじゃん。

 そして何より単純にこっそり核開発してるブルースを擁護するのは不可能では…