抹茶飲んでからマラカス鳴らす

見た映画、読んだ本、見たアニメ。そんな話を中心に。。。

私的アニメ表彰式2018歌謡祭

 どうも、抹茶マラカス (@tea_rwB)です。

 いよいよ年末の総括の時期なのです。昨年度まではアニメに関しては以下のようにアニメ表彰式と題して部門別に色々やりました。

  今年もそれは継続なのですが、最初のOP曲とED曲の2部門で昨年紹介したのは11曲。ところが今年はそれを超える数の気に入る楽曲が出てしまったので、そこを独立させ歌謡祭としたい、と考えた次第です!(ツルネが1月20日までなのでアニメ表彰式がそれまでできない事情もありますが。)

 そして何より今日は大晦日!日本人なら何故か男女に分かれた歌合戦が見たくなるはず!さぁ楽しくアニソン聴こう!器用な人間ならSpotifyか何かでプレイリストとか作るのかもしれないけどそういうのはゴメン!よくわかんないから出来ん!

tea-rwb.hatenablog.com

 

1.第一部 紅組

 えー、すっごい雑に紅組、白組、カバー枠、団体戦で分けました。なんとなくだから気にしないでね!では初めの一曲!

①POP TEAM EPIC/上坂すみれ

  今年のアニソンを振り返る1曲目はこれしかないでしょう。クソアニメ「ポプテピピック」のOP曲です。毎回原作者のクレジットが変わっていたりと、OP映像自体も面白かったとは思いますが、サイケデリックで中毒性抜群なこの曲の力はクソアニメ成立に滅茶苦茶貢献していたと思うのです。

②蒼の彼方/鈴木このみ

 続いては疾走感あふれるこの曲を。若くしてベテランの風格すら感じさせる鈴木このみさん、文化放送阿澄佳奈のキミまち!」でもお馴染みですが、「ソラとウミのアイダ」でどんな展開になってもエンディングで楽しくてセーフにしてしまう魅力を感じます。

③2人の羽根/YURiKA

 さあ3曲目は「はねバド!」から。OPもEDもどっちもいい歌でしたが、より映像とのマッチ、渚と綾乃のW主人公(あるいは主人公とラスボス)感とバドミントンという競技の特性がこれ以上なく表現されてテンションも上がる素敵な曲でした。

④Shiny Days/亜咲花

 紅組ラストは今年上半期一番聞いていたこの曲。ゆるキャン△OPです。どっかでいった気もするんですが、ジャクソン5のような曲調、疎いんで音楽ジャンル的になんていうのかは知りませんが、アニソンという土壌にまた新たなものを持ち込んだ一曲なんだと直感しました。そのうえでアニメ本編にも合っている。素晴らしいです。

第二部 白組

①Naru/ラックライフ

 白組一発目は京アニ最新作「ツルネ」のOP。ラックライフは文ストかなんかの曲でデビューしていたと思うんですが、この曲は個人的にはラックライフ史上ベストでは。

②Flashback/MIYAVI vs KENKEN

 曲がオシャレだったアニメとして冬アニメの刻刻は外せません。EDのぼくりりさんの楽曲も良かったですが、OPのFlashbackはスタイリッシュで、どうやら現代音楽の覇権を握っているらしいhiphopがアニソンの文脈に取り入れられた瞬間、ということで宇多丸さんのラジオを長いこと聞いているのにその辺に疎い私には新鮮でした。今年はDEVILMAN crybabyでアニメ自体にラップが入ってきましたし、時代の最先端を映すのがテレビだなぁ、なんて思っていたら何年も前のサムライチャンプルーがガンガンにやってました…。面白かった…。

③UNION/OxT

 

  白組のトリはいわゆる勝ち確の歌。GRIDMANのOP。特撮のアニメ化作品のオープニングとしてこれ以上のものはないでしょう。始まってすぐにコレが流れてアガるのは間違いないのですが、何よりも戦闘中。これが流れたらはい勝った!の瞬間は筆舌に尽くしがたいものがありますな。

特別企画 後追いした作品シリーズ

 よく考えたら、映画と違ってアニメは過去の作品を見てもブログでは記録に残していないので、せめてアニソンだけでも…!曲が好き+アニメの内容補正が強めだけどお許しを!

①This Is Love/宇多田ヒカル

 

 何年前でしょう。カップヌードルのCMとコラボ、っていうかどうやら日清と共同製作に近いような感じだったらしい作品「FREEDOM」のOP。

有頂天人生/milktub

 

 湯浅作品じゃない森見登美彦原作。やっぱり舞台は京都。楽しかったーっと思ったら2期もやっていた模様。何故ネトフリには1期しか入れてないんだ…

③君じゃなきゃダメみたい/オーイシマサヨシ

 

 大石昌良さんはOxTとしてもソロでもランクイン。月刊少女野崎君のOPです。いやーこの声帯が欲しい。あと単純に小澤亜李さんの声が好き。見てないけど「多田くんは恋をしない」のトモダチフィルムもすごくいい歌でした。

④adrenaline/TrySail

 

 秋クールに大絶賛見てましたエロマンガ先生。OPも最高ですが、こんなにテンションが上がるエンディングありますか!!!OPもEDも一緒に踊ってくれる紗霧ちゃんが可愛すぎて一家に一台欲しいですよ、まったく。

第3部 カバーソング

①自転車

 

  単純にジュディマリが好きだからしょうがない。これと「風吹けば恋/チャットモンチー」はどっちを入れるか滅茶苦茶悩みました。

②気まぐれロマンティック

 

 からかい上手の高木さんから2曲目。2曲目ありかい!!とは思うがジュディマリ以上にいきものがかり、もとい聖恵ちゃんが大好きだから仕方がない。デビュー当時から大好きなんですよね。原曲PVのダンスとか最高ですよ、ええ。だからこそ初回でこれが流れた時はヒャッハーでしたな。

③壊れかけのradio

 

 べ、別に前の2曲以外のカバー曲を入れなきゃ、と焦ったわけではないんだからね!!

 冗談抜きで色んな人がカバーしているだろう中でも、また違った味わいが出ていたし、このご時世にラジオやカセットテープをモチーフに使用していた作品にもとてもマッチしていたと思います。

特別企画 フランシュシュ特別LIVE

 しょうがないじゃん、ゾンビランドサガ好きだもん!!

①ラップ

 

②To My Dearest

 

③徒花ネクロマンシー

 

第4部 団体戦

 団体戦の定義はなんとなく複数歌唱ってだけです。白組も殆どグループじゃねぇかとか言ってはいけません。

①Le temps de la rentree~恋の家路~

 

 どのバージョンも好きですが、久野美咲さん演じるひそねの可愛らしい感じが曲の感じに合っているのと、新井里美さん演じる絹番さんソロVer.は大爆笑してました。

②スパっと!スパイ&スパイス

 

 これはもう曲とフリの勝ちです。Youtubeでたまたま見つけて視聴したが最後、耳から全く離れなかったのでアニメ自体も視聴することに決定した、という。

 このPV一番右の藤田茜さんの膝が特にツボでした。橋本愛さんの紅白での歌唱でも思ったんですけど、あんまやりたくないけど感が少し出ているのは実は大好物なんだと思います。(藤田さんにやる気がないとは言ってませんよ!独特のけだるさを持っているというか。)

 ③danger in my 通学路

 

ちおちゃんの通学路OP。これはネトフリで見ていたからうっかりOP飛ばしてみてしまいがちなのですが、極めていい曲なのでぜひ飛ばさず見てほしい。チャック開いてんぞ、で安藤さんのチャックが開いて終わる1分半はワンシチュエーションコメディの幕開けに持ってこいでした。

④トリカゴ

 

 もはや懐かしいダリフラはOPのhydeさんプロデュースの中島美嘉さんの楽曲の方がチェックされていると思いますが、個人的にはEDの最初の曲がベスト。サビの歌詞が最初は彼らの生活を学生生活に例えたように感じていたのに、実はゼロツーの想いそのままで振り返って考えると落涙必死。

⑤レイメイ/MY FIRST STORY×さユり

 えーもともとさユりさんの曲大好きで。アニソンとは関係ないですが、黒木渚さんの楽曲も大好きなので私の心にはまだ厨二が巣食っているのかもしれません。PVでのアシㇼパさん風の衣装も最高です。

⑥インキャインパルス

 

 えーこれをオチに持ってきたいがための歌謡祭だったといっても過言ではありません。詐欺作品として100点満点以上を叩き出していたあそびあそばせ。普通はEDが浄化なのに、OPが浄化で蓋を開けたら変顔汚い言葉下ネタばっかり、あげくのエンディングがヘビメタでリア充への怨嗟の歌。最強。今年のアニソンNo.1だと思います。