抹茶飲んでからマラカス鳴らす

FC東京サポで鷹党のどうでしょう藩士による映画・アニメを中心とした感想ブログ

外出自粛の今だから見たいアニメ アニなら#2(仮)

 どうも、抹茶マラカス (@tea_rwB)です。

 えー、緊急企画でございます。外出自粛でフラストレーションの溜まる中、様々な方が映画やアニメの紹介をしている訳で。そこで立ち上がったのが、初回放送を最後に一堂に会しての動画放送が不可能になってしまった我々アニメならずもの、ことアニならメンバーであります。

 つうさんの企画で、リモート収録で外出自粛の今オススメしたいアニメを語り合って世に出す予定だったのですが…機材トラブル!まあよくあることです。初回放送もなかなか途切れたりしてしまいましたし。(分からないことをいいことに機械関係を任せている人の駄文)

 という訳で急遽、初級者・中級者・上級者と分けて1人3作品ずつご紹介させていただきます。

 

1.初心者編:キルラキル

気絶するほど悩ましい

監督 今石洋之

脚本 中島かずき

主演 小清水亜美

制作 TRIGGER

 まず初心者編ということで、私がおすすめするのは、「天元突破グレンラガン」のコンビが届けるキルラキル。私を継続的な深夜アニメ視聴の沼に落とした作品で、マイベストのうちの1本です。

 そもそもは、PSPでやっていた「ダンガンロンパ」のアニメを見たのが深夜アニメを見た最初。んで、その後ですね。2クール目突入前の1クール目を地上波で一挙放送か何かしていて、それで見かけたらぐいっと引き込まれてそのまま完走したのがこの作品。

 これまで当ブログでも扱ってきた「ニンジャバットマン」「プロメア」の記事でも言及していますが、このアニメ、とにかく私の好きな中島かずき節が炸裂している上に、他のすべてもガチっと組み合って最高でして。いわゆるTRIGGER作画とでも言うような目まぐるしく動くマコ劇場や、大見得を切って大上段に宣う歌舞伎風の台詞がまあカッコいい上に、稲田さんや檜山さん、朴璐美さんが合うったらありゃしない。っていうか稲田さん檜山さんが高校生役ってなんだよ。

 そして当然圧倒的存在感を持つダブルヒロインともいえる皐月様。1クール目は四天王と共に立ちはだかる高い壁として君臨し、2クール目では危なっかしい流子に代わって誰よりも信頼できる存在として降臨、そして最後には圧倒的な愛で包み込む。マジで皐月様嫌いな人いるの?

 とまあ、これだけだとキャラ人気みたいな感じですけど「服」を使った言葉遊びの秀逸さ、制服と青春の繋がり、進化する極星服やDTRのようなギミック、どこを切り取っても愛せる作品だと思います。決めて着るから「決着」だ!

 ちなみに、各話タイトルが昭和の名曲になっているので折角の休み、音源を纏めてみても面白いかもしれません。

 個人的おすすめは第4話とても不幸な朝が来た、第7話憎みきれないろくでなし、第21話未完成です。

2.中級者編:ラブ、デス&ロボット

Love, Death & Robots: Wide Ruled journal For Writing, Note Taking, For girls boys teens students teachers women and adults, Gifts Journals  - Notebook/Journal (6x9 - 100 Pages)

製作総指揮 デヴィッド・フィンチャーティム・ミラー

製作 ティム・ミラー

 続いて中級者向けにオススメしたいのはNetflixオリジナルで独占配信中のアメリカのアニメーション作品「ラブ、デス&ロボット」です。

 こちらは、全18話がデスかロボットをテーマに制作されたアンソロジーで各話20分未満の短編集となっております。これだけ作品数がありますから、ほとんど実写に見えるような3DCGのアニメーションから、カートゥーン的なもの、更にはコミックを見ているかのようなキャラデザの作品まで多種多彩。たとえアニメ未経験でも、どれか1つは心に響くこと請け合いです。

 しかも、今回のリモート収録でも話題になったのですがネトフリはこの作品の話数の順番をユーザーの嗜好か何かでシャッフルしてくるので、第1話とかも無いんですよね。せっかくの休みだからとダラダラしている時こそ、隙間の時間にこういうのを挟むと良いのではないでしょうか。

 ただし、ほぼ全作品で無修正の股間あるいはグロいショットが出てくるので、そこだけは要注意。

 私が1番好きなのは、ヨーグルトの世界征服(When the Yogurt Took Over)。これは6分しかないので、何も言わずに見て欲しい。

 それから目撃者(The Witness)はスパイダーバースを感じるドラッグさとMV感を併せ持ち、アニメーションの新たな可能性を感じる短編。

 「パシフィック・リム」が好きならKAIJUに近い造形のモンスターのリアルな殺し合いを見せてくれるソニーの切り札(Sonnie's Edge)を。

 最後に、このメンツでの日常モノが見たいと思わせてくれるロボット・トリオ(Three Robots)。

3.上級者編:コンクリート・レボルティオ~超人幻想~

第九話 果てしなき家族の果て

監督 水島精二

脚本 會川昇

   辻真先(9話、17話)

   中島かずき(16話)

   虚淵玄(20話)

主演 石川界人上坂すみれ

制作 BONES

 上級編として薦めたいのは、こちらの作品。分割2クールなので、後編のTHE LAST SONGも含めたコンクリート・レボルティオです。

 舞台は昭和とは異なる世界線。神化の元号の日本。そこには、ありとあらゆる昭和のフィクションを彩ったヒーローたちが超人として存在していた…。

 という訳で、実際の昭和の出来事をベースに、昭和に子どもたちを夢中にさせた沢山のアニメ、特撮、漫画のヒーローたちが形を変えて"アッセンブル"する作品でございます。

 石川界人さん演じる人吉爾郎はキカイダー×サイボーグ009×ゴジラ上坂すみれさん演じる星野輝子は魔女っ子メグ・魔法使いサリーなどの魔法少女。更には竹達彩奈ボイスの鉄腕アトム中村繪里子さんのオバケのQ太郎豊崎愛生さんの鬼太郎、ウルトラマン月光仮面などやりたい放題。

 そしてこうした魅力的なキャラクターたちを、氷川へきるいとうのいぢ・平尾リョウ原案で伊藤嘉之さんがデザイン。全く異なる世界観のはずの超人たちがみんなまとめて出てくる絵は非常に気持ちいいものがあります。

 ただし、上級者向けとしているのは非常に厄介な物語の作り方。物語は輝子が超人を保護する国家組織"超人課"にスカウトされるところから始まるのに、油断したら組織のメンバー同士が対峙している場面になってしまう。そう、時系列シャッフルです。しかも分割2クールかけてそれをバラバラにやるのでもうあっちゃこっちゃ。勿論、元ネタのキャラクターやイベントは昭和と同じなので、ある程度は順番は分かるとは思うのですが、まあ年表を作成して追いかけるタイプの作品であり、時間のある今の一気見を大いに推奨します。 

 個人的なオススメは何といっても第9話果てしなき家族の果て。脚本界のレジェンドにして作家でもある辻真先先生の担当回。辻先生はあの国民的アニメ、サザエさんの第1話の脚本を担当した超超超レジェンドなんですが、この話で出しちゃいます、サザエさん。あの年齢を重ねない一家を超人として物語にフィットさせてしまうんですね。本当に驚きの連続。ちなみに、虚淵さんはベトナム戦争、中島さんは札幌五輪日の丸飛行隊を描いております。また、コロナ関連では、ドリフターズのメイン回である第6話やつらはいつでも話笑ってる、もなかなかに面白いと言っておきましょう。

 

 ラストは、皆さんのオススメ。見ていない作品が多いし、私よりも言葉が達者な皆様なので列挙に留めます。しかし忍たまの映画は予想してなかったな…。

つうさん(@daberublog)

初級者編:トライガン

中級者編:灰羽連盟

上級者編:こどものおもちゃ

よにださん(@yonida_ayano)

初級者編:ドロヘドロ

中級者編:妄想代理人

上級者編:劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段

カメさん(@monogatarukame)

初級者編:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

中級者編:ガングレイヴ

上級者編:LAST EXILE