抹茶飲んでからマラカス鳴らす

見た映画、読んだ本、見たアニメ。そんな話を中心に。。。

日本一2連覇!!ホークスありがとう!!〈野手篇〉

 どうも、抹茶マラカス (@tea_rwB)です。

 ホークス振り返り野手篇!

  投手篇はコレ!!

tea-rwb.hatenablog.com

  投稿ボタン押すの忘れてたから遅くなりました!!ごめんなさい!

 ごめんなさいついでにいっておくと、浅村に4年28億、西に4年20億だって!!FA久しぶりだから許してよ!この10年で見ても獲ったのは細川・帆足・寺原・鶴岡だけだよ!その間に杉内・森福・鶴岡が出ていってるしほぼトントンじゃん!!っていうか損してるよ!

 

 0高田知季

 通称ジャパは今年は飛躍の1年。今宮が怪我でいなくなったこともあり、西田とショートの代役を分け合った。とはいえやはりもう少し打てないとしんどい。日本シリーズで帰ってきたときの今宮の安心感を考えると、やはりどうしてももう少し打ってほしい。明石や川島のようなユーティリティ枠で生き残るにしてももう少し打てないといかん。っていうか計算してみたら高田でプロテクト当落線上。まじか。

00川瀬晃

 今宮の怪我もあって1軍にも顔を出した。2軍では3割近く打っているのでショートとしては十分だろう。まずは高田と西田という高いのか低いのかよくわからない牙城を崩せるように頑張らないと、成績が悪かったとはいえ1年先輩の古澤は戦力外になっちゃたぞ。

1内川聖一

 我らのキャプテンは遂に2000本安打を達成した。ところが、そのためにひっぱりすぎたのか明らかに絶不調。体のあちこちの不調を我慢しながらの出場が続いたこともあり後半は2軍漬けに。ポストシーズンで帰ってきて流石、というところは見せたが年齢による衰えを感じずにはいられなかった。来年は休みながら使えるように誰かが出てきてほしい。

2今宮健太

 去年大活躍したが、今年の前半は相変わらずダメ宮だった印象。ところが夏頃から一気に調子を上げて夏宮になったあたりで負傷離脱。日本シリーズに無理やり間に合わせてしっかり活躍してきたが、無理が祟って最後にはベンチ外に。替えが利かないのでまずはしっかり休んでほしい。そのうえで、夏宮を維持できればシーズン3割打って坂本を超える球界No.1ショートを目指せると信じているので頑張ってほしい。あと非常時の為の投球練習も忘れずに。

3松田宣浩

 打てばチームもドームも勢いに乗る熱男は、例年よりも更に宝くじ要素が増して三振かホームラン(但し十亀との対戦時は除く)状態に。あまりに打てなかったポストシーズンでは遂にスタメンを外れ、最終戦では出場さえもなかった。これまで心中するしかなかったマッチをベンチに置けるようになったことで、これからのマッチの後釜候補もやる気が出るのではないだろうか。(3塁練習をしていた吉村や江川は忘れよう…)

4川島慶三

 いぶし銀という言葉がこれ以上似合う選手はいないだろう。相手の投手が左利きの時のセカンドが中心の出場ではあったものの、出ればしっかり仕事をしてくれる最高の男であった。ただ彼も高齢ではある。今年の敗戦処理もそうだが、いい加減彼のポジションを脅かす若手が出てこないといつガタがくるかわからないのも現実なのだ。

6吉村裕基

 ベイスターズファンの夢を乗せて遂に彼は星になった…

 去年でクビになっていてもおかしくない成績だったが、そのまま状態が上がらず戦力外に。代打としてもなかなか使いづらいし仕方がない。ファンとしては楽天戦の2ホーマーの思い出が消えない。あんなバット投げの綺麗な選手だし、地元で綺麗に幕を引いてそのままホークスにいてくれるといいのでは…

7中村晃

 柳田に影響を受けてフライングレボリューションに取り組んだ帝京魂は2桁のホームランを打てた上で3割近く打ったしまあ成功だろう。っていうか、内川もデスパイネもいなくて松田が不調みたいな時期は5番を任されていた。正直晃が5番だとピンチだなぁと言う感じがビンビンするのでこれからも彼が5番にはいないことを願いたい。っていうか晃の適正打順って何番なんだろう。

8明石健志

 慶三さんと並んでセカンドでいぶし銀の活躍を見せた。前半は怪我でいなかったり、明らかに球が見えていない感じだったが後半戦はしっかり状態を戻してきて、日本シリーズではフランスアからホームランを打つという大きな仕事を成し遂げた。多分あれがターニングポイントだったと思う。大丈夫だとは思うがFAで出ていかないでね。

9柳田悠岐

 MVP候補その3。っていうかMVP。盗塁こそ足りなくてトリプルスリーは達成できなかったが、圧倒的な存在感で途中からは4番に座った。彼に関しては毎回思うわけだが、何故その当たりでスタンドに飛び込むのか。カチアゲルって何言ってんだ、という感じだがまあ打ってくれているうちは文句はない。これだけの突然変異種で、故郷広島での日本シリーズという大願を達成してしまったのでメジャーに行かないことを願おう。

12高谷裕亮

 序盤は怪我で欠場したが、出番になればしっかり仕事をこなすベテラン。細川も鶴岡もいなくなった今年はより責任が重くなったわけだがしっかりとそれを全うし、キャッチャー守備につけば拓也じゃないと油断した走者を適度に刺していた。日本シリーズでも2回刺したし。高谷がいなくなると一気に捕手の層が不安になるので、実は誰よりも欠けるとまずい選手の一人である。なぜ彼が日本シリーズで突然ホームランが打てたのかは、多分七不思議のひとつになるだろう。

22西田哲朗

 拓也との競争に負けたドラ1山下とトレードでやってきた楽天のかつてのホープ。茂木が来る前はショートで期待されていた気がするし、楽天初の生え抜き10本も西田だと思っていた。控え中心かと思いきや、今宮離脱でショートでそこそこ試合に出たり、CSではまさかのラッキーボーイ。日本シリーズ終戦では先制のスクイズを決めるなどなんとなく慶三さんルートに若くして乗っている印象。どうせなら松田からポジション奪い取るぐらいになってほしい。

23城所龍磨

 キドコロ戦力外中。工藤さんが奇跡的な采配を見せて何度か輝きを見せてカルト的人気を誇るキドコロも遂に戦力外。上位互換の福田が定着したし仕方ない。個人的に一番の思い出は何年か前の西武ドームでの試合で守備から出た城所に打席が回ってきたが、終電間近。応援団から初球を打てよコールが出たのに初球を2塁打打ったことと、東京ドームでの試合でいきなりスタメンで出てきたこと。見に行った試合に縁があるから寂しいですが、FAの年に中日が取るとかいってたけど取ってくれるかな…

24長谷川勇也

 怪我だらけのかつての首位打者代打の神様枠に。とはいえ勝負所ではしっかり結果も出してくれるし、去年、おととしと比べると戦力として計算できる印象。正直一時は戦力外も覚悟したレベルでした。とはいえ、上林柳田中村で外野は固まっているのでこれからもデスパイネ指名打者を争いながら代打枠が基本だろう。

27ジュリスベル・グラシアル

 救世主その4。デスパイネもいなくなった打線に突如降臨したキューバの真面目なおじさん。守備位置がバッテリー以外というユーティリティ性にここぞで発揮してくれる打棒、全力の走塁。嫌いになる要素が1mmもない。ジュリがいるおかげで松田をベンチに置くという采配までも可能に。実は突き指していたというアクシデントで1試合日本シリーズはお休みしたが、その次の試合でホームラン。デスパイネの体がボロボロな気配もある以上、なんとしてもキューバ政府と再交渉して残留させてほしい。

30市川友也

 開幕するやいなや第2捕手高谷と第3捕手栗原が怪我する緊急事態にトレードでやってきた元巨人、前日ハムのキャッチャー。正直出た試合を見ていないのでよくわからないが、細山田的扱いだと思う。第3捕手も最終的に栗原になっていたし。

31栗原陵矢

 開幕1軍かと思われた段階で怪我して市川を補強されたので出番が全くないかと思いきや、最終的には第3捕手に定着。飛躍の1年といっていいだろう。基本的に1軍にいたおかげで達川さんの指導もいっぱい受けたはずなので来年以降の飛躍に大きく期待したい。とはいえ拓也の壁はとてつもなく厚くなってしまったのも事実。九鬼の突き上げもあるので慢心したらすぐ2軍だと思ってがんばれ!

32塚田正義

 2軍の帝王は1軍でたまに代打で出る1年に。なんだかんだホームランもちょこちょこ打ったが、工藤さんにもっと使ってほしかった。それぐらい2軍でやることはなさそう。逆に言えば、だからこそ戦力外候補かと思っていたが日本シリーズでも打席に立てた。あの三振の感じだと1軍で通用するにはまだ何か足りない気もしたが。このままなら来年確実にクビだと思うので長谷川から代打枠を奪い取ることを目指すしかない。

33増田珠

 マッチの後釜を狙って獲得された横浜高校の大砲はパフォーマンス面でもマッチを引き継ぐことになった模様。今年は3軍での研鑽になったようなので詳しい成績は知らないが、今年も3塁手で早実の野村を取ったので競争になるだろう。松田の後釜はドングリの背比べ状態なので、4年目あたりからでもレギュラーとれるはず。

36牧原大成

 クビ候補筆頭だった男は夏から秋にかけて一瞬の花を咲かせた。1番セカンドに定着して3割打つわ、ホームランも遂に打つわで大ブレイク。これで1番牧原2番今宮で完璧だと思ったら揃って離脱してしまった。

 今年の活躍がフロックじゃないことを証明するためにもしっかり怪我を直して通年活躍できるかどうかの勝負が来年に待っている。彼の結果次第で明石川島の出番も変わってくるだけに色んな人の命運を握っている。と思ってたけどFAで浅村取ったらどうなるんだろう。浅村が一塁もできれば牧原もなんとかなるが、二塁での競争だけだと分が悪いぞ…

37福田秀平

 いよいよ守備のスーパーサブとしてキドコロを追い抜いた。もともと凄かった走塁に加え、よくわからないタイミングで飛び出すホームラン、内田真礼さんのインタビュー中の激突事故が縁での対談など色んな要素が付加されてきた。次は、晃が1塁を守るときの外野のファーストチョイスになるように、だと思うが彼も怪我と戦ってきた歴史があるので是非怪我に注意してほしい。

39堀内汰門

 達川さんに見初められて支配下と開幕1軍をゲットしたものの、高谷栗原の復帰に市川の加入で再びファーム暮らしに。シーズンオフで育成に戻るかと思ったが、張本がそっちになったので張本には評価は勝っているらしい。九鬼とはどっちが上なんだろう。多分九鬼。

43江川智晃

 まさかの生き残りを果たした若き戦士。いい加減磨きかけて全力でひたむきに立ちかってほしいのだが、いよいよ今年は殆ど出番がなかった。去年同じような扱いだった吉村が今年戦力外になったわけだし、ほんとにラストチャンスだからまずは塚田に勝たなくてはいけない。

45谷川原健太

 健太ドラフトの唯一の支配下生き残りになってしまった。それなりに2軍でも打ってはいるので順調だとは思うのだが、いかんせん健太ドラフトのせいでネタキャラ感が否めない。そして健太でひとくくりにしちゃうからよくわかんない。

46本多雄一

 お疲れさまでした!!!前奏から含めて応援歌が最高なのに早打ちで応援歌を歌えない鷹の韋駄天がスパイクを脱いだ。噂だとそのままコーチになるらしい。最近はどうしても打率が上がらないことと怪我がちなのが目を引いたが、やはり守備と足は一級品。ムネリンを失ったホークスで同じタイプで支え続けてくれた恩は忘れないし、選手会長としての尽力も忘れてはいけない。

51上林誠知

 MVP候補その4。去年は終盤の不調からポストシーズンのメンバーから外される屈辱を味わったが今年も開幕から元気に出場。今年は息切れせずにポストシーズンでも大活躍だった。スリーベースの歴代記録に並んだり、捕殺でも高い数値を記録。攻守に躍動していた。贅沢かもしれないが、打率3割、本塁打30本打てると思うので是非このまま継続してほしい。

54アルフレッド・デスパイネ

 ホークス外国人選手たちの親分は怪我がどうしても抜けない1年だった。まあ仕方ない。ほぼ4,5年休みなく野球しているわけだし。それでも29本ホームランは立派だし、広島では守備につく無茶までしてくれた。怪我で日本シリーズ終盤はベンチ外が続いたが、祝勝会には間に合ったと聞いています、本当に良かった。

 来年もどうしても怪我や疲労との闘いになるとは思うが、グラシアルも出てきたので休み休みいけるはず。まだまだ親方にはいてもらわねばならんのです。

55茶谷健太

 健太ドラフトの1人にしてマッチの後継者候補ドングリの1人も今年で育成落ちが濃厚に。やっぱもう少し打てないとしんどい。とはいえまだ高卒3年目だし、茶谷に関してはまだ復活できると踏んでいるので育成からの成り上がりを果たしてほしい。

59古澤勝吾

 早くも戦力外、しかも育成落ちですらなさそう、というのは少し可哀そうな気がする。とはいえ優勝を逃して人員整理しないといけない年の2軍成績があまりに悪すぎた。鳥越さんぐらいしか打てないなら鳥越さん並みの守備力が必要なのだ。似たようなポジションに川瀬や三森など打てる若手が他にも出てきているので仕方ない。

60釜元豪

 育成から支配下を勝ち取ったものの、その後1軍でチャンスをなかなかもらえない韋駄天。ひょっとすると戦力外もあるかもしれないと思ったが、しっかり生き残った。福田から守備を少し引いて打撃を少し足した感じなのでどっちかにもう少し突き抜ければチャンスが得られそう。

61黒瀬健太

 健太ドラフトの1人にして、マッチの後継者候補の1人。捕手だったはずなんだけど。高校通算の本塁打数が凄かったはずなので大砲候補として期待されたが、まあ当たらない。当たれば飛ぶかもしれないが当たらない。育成落ちも仕方ない、というか育成のコラスとかの方がまだ期待できそうな気がする。マッチもギータもそうだけどうちの大砲は最近は大卒で育っているし、なんだったら上林も含めてこの辺みんな中距離打者が打てるようになったパターンなので大砲の育成メソッドはないんですよね…

62甲斐拓也

 ついに育成から日本シリーズMVPにまで登り詰めた。もはやお馴染みの甲斐キャノンで日本シリーズを席巻したし、なんだったら緒方監督も魅了されていたのではないだろうか。ただ、個人的には高谷も栗原も九鬼もいなくなっていた序盤戦で甲斐がいなくなったらおしまいという状況を耐えてくれたことが今年のキーポイントになったんだと思います。城島以降打てる捕手の残像を追い求めていたホークスファンも打てなくてもいいと思えるスターを見つけたのがこれまた良かった。あとは小久保と井口と杉内の残像を追わないと…

64真砂勇介

 期待されていたミギータは今年も芽が出なかった。悪くはないんだけど今一つ、と言ったところ。いかんせんもたもたしている間に上林が完璧に定位置を獲得したので居場所がなくなりつつある。中村柳田上林に加えて攻めは長谷川、守備は福田で5枚は計算できてるのでその中になんとか食い込んでほしいがネクストブレイクのままで終わってしまう不安が年々大きくなっている気もする。っていうかFAの補償で狙われてそう。

65九鬼隆平

 期待されまくりの捕手。ちゃんと達川にしごかれて成長しているはずだし、このまえもウィンターリーグだか、フェニックスリーグだかで3割も打っていた。そろそろなんとか2軍を主戦場にしていってもらいたい。ゆくゆくは拓也の後釜、そして打撃型捕手として覚醒してほしい。なんだったらコンバートもナシではないだろう。

68三森大貴

 いよいよ2軍で頭角現してきた感のある若手。守備型と聞いていたのに、意外と打ってくれてる。バンバン先輩を追い落としてムネリン二世として頑張ってほしい。っていうか登場曲三森すずこなんだ。アニソン増えてきた気がする。

69美間優槻

 曽根くんとトレードでやってきたマッチの後釜候補の1人。1軍にも上がってこなかったので、イマイチ良く知らないがパワータイプのはず。守備がどんなもんかよくわかんないが、野村か増田が育ってくるまでの間にうまいことやってほしい。

77張本優大

 育成から支配下を勝ち取ったはずが、再び育成になることに。開幕前は達川さんが守備は一番うまいと言っていたから期待していたら、堀内にも追い抜かれ、九鬼も栗原も追い抜かれていってしまった。正直3軍までのキャッチャーを回すためにまだ雇っているような状態ではあるまいか、と思ってしまう。なかなか厳しいかもしれないが頑張ってほしい。