抹茶飲んでからマラカス鳴らす

見た映画、読んだ本、見たアニメ。そんな話を中心に。。。

2016春アニメの振り返り(ルル子・コンレボ・ヒロアカ・ジョーカーゲーム・文スト・坂本・迷家・キズナイーバー)

どうも、抹茶マラカス (@tea_rwB)です。

昨年の冬アニメの次は春アニメの振り返りです。

見た作品は以下の通りです。

以上、8作品(うちショートアニメ1本)です。原作から追っていたものが多くアニメ化したクールでした。このクールは良作だらけなので忘れそうになりますが、評価としては3.0が標準。4.0でgood。4.5でgreatで5.0がサイコー!!になります。

1位宇宙パトロールルル子(WATCHA5.0)

f:id:tea_rwB:20170706131612p:plain

TRIGGERアニメのキルラキルにドハマりしたので、そのスタッフとなればと鑑賞した本作。疾走感溢れるOPから止まらないドタバタ加減。さらに第3シーズンのパロディ祭り、特にキルラキル回は笑いが止まらなかった。短い時間でこれでもかとオーバーアクションと動き回る濃すぎのキャラ達、稲田さん、新谷さんといったキルラキル声優さんたちの明らかなアドリブなど、飽きることなく進んでいく中で、中学生の初恋は無価値だけど、両思いは無敵という最高のテーマをぶつけてきてくれました。アニメではまだ8作品しかない5.0評価をたたき出したのも自分で納得です。 特徴的なセリフが多すぎて、頭に残っているセリフの多さはシンゴジラ並です。たとえるなら、バカは黙って手元の資料の3pをご覧ください、ジャスティスお経、うっわー荻窪がビンビンだ、などです。いやーほんと面白かった。

2位ジョーカー・ゲーム(WATCHA4.5)

f:id:tea_rwB:20170706131643j:plain

 柳広司先生の原作から好きな一冊でした。原作厨気味な私も大満足の超おしゃれでスタイリッシュなアニメでした。戦中のスパイモノなのでキャラクター一人一人に個性が感じられるようなキャラ付けがあるほうがむしろ不自然。最終的に部隊を離れる者も出る中で、結城中佐の全て見通す超人ぶりと彼の隠し持つ優しさも表わされていて、とても素敵でした。「国のために死ね」が当たり前の世の中で「死ぬな」を全うするD機関の活躍ぶりは胸をすくものがありましたし、逆の発想で生まれた風機関を一切の容赦なくやっつける様も素晴らしかったです。

 実写映画…そんなのありましたっけ?という冗談はさておいても、いつか見てみたいとは思っていますよ…

sokoani.com

3位文豪ストレイドッグス(WATCHA4.5)

f:id:tea_rwB:20170706131700j:plain

 こちらも原作から追っていた作品。読書家(自分で言うのもアレですが)にとって、小説家が異能力バトルとか読書好き×男心をくすぐりまくりでした。

 分割2クールの前半戦ということでギルド篇の開始を予告してモンゴメリ戦で終わりました。大変に鏡花ちゃんが可愛い。原作に忠実な中で、小説版のエピソードも盛り込まれるなど原作にたいしての大いなる愛を感じることができました。あと鏡花ちゃんが可愛い。既に後半クールも終わっているからこそ言えますが、しっかりと種を蒔きながら、の丁寧な前半だったと思います。

4位坂本ですが?(WATCHA4.5)

f:id:tea_rwB:20170706131726j:plain

 ジョーカーゲームよりスタイリッシュなギャグアニメ。これまた原作漫画を読んでました。何をやるにもおしゃれすぎて女子をメロメロにしてしまい、不良も憧れる坂本亜くん。完璧すぎることがシュールになってギャグとなる作品でございました。

 特筆すべきはやはり豪華声優陣でしょう。高校が舞台の作品なのに出演者はもはやベテランといっていい方々。作品の持つ大人な雰囲気をそのまま体現するには深夜アニメの予算ではあり得ないキャスティングを思い切ったことが成功の要因だったのではないでしょうか。

5位僕のヒーローアカデミア(WATCHA4.5)

f:id:tea_rwB:20170706131743p:plain

 またもや原作を連載から追っている作品。これまた原作通り丁寧に作ってくれた印象です。ただ、この話数だとどうしてもピークがヴィラン襲来編よりも、序盤、オールマイトがデクに言った「君は、ヒーローになれる」のところに来ちゃうので、同評価作品の中では下めに位置してしまいました。梅雨ちゃんや麗日さんは安定してかわいいので笑顔で見ていられますし、爆豪は安定してウザくてうるさい(褒め言葉)ので良いスパイス的な感じで作用していました。

6位コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG(WATCHA4.0)

f:id:tea_rwB:20170706131801p:plain

 このクールが当たり作品且つ原作から追ってて思い入れの強い作品が多かったためこの順位ですが、2期目のまとめとして十分によく出来ていたと思います。実際の昭和の出来事を取り込みながら、昭和を彩った名キャラクターのオマージュキャラ達が繰り広げたバトルはとてもよく、何が善で何が悪なのか、思考を促す作品でした。大好きだったアースちゃんもジュダスがしっかりと修復中だったのでほっと一安心。爾郎もよくあるセカイ系的な解決とは違う形での決着を見せたし、丁寧に本意気で作られていた素敵なアニメでした。

sokoani.com

sokoani.com

7位キズナイーバー(WATCHA4.0)

f:id:tea_rwB:20170706131824j:plain

 これもTRIGGERなら見ておこっか、が大正解な作品でした。こちらも高評価ですよ、周りが良すぎただけ。

 当初告知されていたそれぞれの持つ現代の「7つの大罪」的な要素は個人のキャラクターをちょっとうわべからなぞったに過ぎず、しっかりそれぞれのキャラクターを各話で掘り下げていって彼らにより好感を持てました。痛みを共有するというワンアイデアを大きく膨らませながら、人体実験の過去などの重いテーマを持ってきて上手に纏めきれていたと思います。園崎さんが感情を取り戻したところは、こちら側もやはり涙なしで見ることは出来ませんでした。

8位迷家-マヨイガ-(WATCHA3.0)

f:id:tea_rwB:20170706131850j:plain

 大人数で謎の場所に突入して脱出できない、となればクローズドサークルもののシリアルキラー的なものか、ホラー要素かと思ったんですが、別に減りもしないまま終幕を迎えてしまいました。自分のトラウマが実体化して襲ってくるアイデアは面白かったですが、その一点突破で一部の強引なキャラや、死んだと思ったのに生きてる展開の連続、そして必要以上に多すぎるキャラ(担当回もない、喋った回数少なすぎなキャラがチラホラ)のせいで感情移入できる場面も少なく、最後の決断もふーん、ぐらいにしか感じられませんでした。